Loading... Please wait...

ペットの病気と予防

「犬フィラリア症」について

○  犬フィラリア症は心臓の病気です。 犬フィラリアは、犬の肺動脈や心臓に寄生します。

犬フィラリア症は、蚊が媒介する犬フィラリア(犬糸状虫、犬心臓糸状虫)という寄生虫の成虫が、犬の肺動脈や心臓に寄生して起こる病気です。

犬フィラリアが寄生することで血液の流れが悪くなり、様々な障害が出現します。放置すれば死に至ることもある、犬にとっては重大な病気です。

○  犬フィラリア症はシニア猫も大敵です。 

フィラリアは、蚊を介して犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫ですが、この病気には猫もかかるのです。
猫の場合は主に肺に障害を起こします。ところが、寄生する虫の数が少ないため診断が難しく、咳、呼吸困難、嘔吐などの症状が出てきた時は生命が危険な状態です。健康そうにみえても突然死亡することもあります。今のところ猫の治療法は確立されておらず、最善の方法は事前の予防です。

あなたの愛猫が老後も幸せに過ごせるよう、予防対策をきちんとしてあげましょう。春から秋の必要な期間に毎月1回薬を与え続ければ、確実に予防することが できます。ただし、毎月1回の投薬やシーズン最後の投薬を忘れてしまうと、感染する危険性が高まります。予防をはじめる前には、幼虫が寄生していないか検 査することも大切です。

前の年に予防していても、最後の薬を飲んだあと蚊にさされていたり、与えたつもりが忘れていたりすることもあるので、予防する前に血液検査を受け、そして 薬は獣医師の指示通り、毎月忘れず最後まで飲ませるようにしましょう。犬フィラリア症の予防と同時に、猫回虫や猫鉤虫など消化管内の寄生虫予防も行ってお くことをお勧めします。

感染メカニズム

○  犬フィラリア症

filaria02_img01.bmp

犬フィラリア症の症状:
はじめはなかなか貴がつきません

犬フィラリア症の症状として、元気・食欲がない、咳をする、痩せる、呼吸が苦しそうなどがあげられます。また、症状が進行してくると、おなかが膨らんできたり、赤みを帯びた尿をするようになることがあります。しかし、犬フィラリア症の症状は、はじめはあまり目立たないので見過ごしてしまいがちです。

治療には危険や負担が伴います

薬で駆除   → 成虫が心臓で死ぬと血管に詰まったりして重篤な症状となることがあります。

手術           → 首の血管から特殊な器具を挿入して、心臓から成虫を取り出します。

対処療法   → 積極的な駆除をせず、症状を軽減する処置をします。


予防方法

フィラリア症予防薬(経口剤)を、毎月1回、1ヵ月間隔で摂取させることにより予防できます。

犬フィラリア症は、きちんと投薬すれば予防できる病気です。予防ができるのに、犬フィラリア症になったとすれば、

それは飼い主の責任。大切な愛犬を守るために、犬フィラリア症予防の知識を身につけてください。


○ 犬フィラリア症予防薬(経口剤)を、毎月1回、1ヵ月間隔で摂取させることにより予防できます

途中の投薬やシーズン最後の投薬を忘れてしまうと、犬フィラリア症に感染してしまう危険性が高まります。たった1回投薬を忘れてしまうことで心臓への寄生を許してしまうことになるかもしれないのです。

途中で投薬(予防)を忘れてしまったら

予防の途中で投薬を忘れてしまうと、犬フィラリアに感染する可能性が高くなり、それまで投与していたお薬が無駄

になってしまうかも知れません。投薬を忘れたら自分で判断せずに、動物病院に必ず指示をあおぎましょう。

予防薬は毎月1回、幼虫の段階で犬フィラリアを駆除することで、犬フィラリア症を予防します。

最後の投薬(予防)をしなかったら

最後の投薬をしないと、犬フィラリアに感染する可能性が高くなり、それまで投与していたお薬が無駄になってしまうこともあります。涼しくなっても自己判断で投薬をやめてはいけません。動物病院の指示通り最後まで必ず投薬を続けましょう。

最後の投薬はとても大切。

忘れると、全ての投薬が無駄になってしまうことも!